アルカディアの灯火【全年齢向け】

本作は、「楽園」を共通のテーマとした2作品を収録しております。『楽園の守護者』そこは、20年も前に放棄された、廃墟の町。イース=カリィオード中佐率いる第12ASB大隊は、ボロボロで人気のないダウンタウンの中を進軍していた。彼らの敵は、たった1人。ただそれだけの相手を倒すため、イースは大勢の部下を引き連れて進む。『センサーにSB粒子反応!13時方向、距離800メートル!』「おいおい、いきなりバニッシュブラストかよぉ!?」「勘弁してくれぇ、ダンナァ………」「総員っ、対ショック姿勢っ!!」閃光と同時に、町を激震が襲う。「勘弁してくれっ、俺はまだ死にたかねえぞぉっ!!」周囲の建物が吹き飛ぶ中、兵達はただ祈りながら身を伏せていた。やがて、再び静寂を取り戻した闇の中で、彼らは口々に安堵の声を漏らした。「は、はずれたっ!?」「けどよ、無事には済んだが………生きた心地がしねえ………」「まったくだ………まるで容赦なしだぜ………」そこに、戦術支援コンピュータを通じて、オペレーターから通信が届く。『中佐、目標を発見しました』「よくやった」画面に送られてきた男の姿を確かめる。その大柄な体は装甲服に包まれ、胸部装甲には15個の勲章が並ぶ。幾多の戦場において多くの武勲をあげた、歴戦の勇者である証だ。男は、小さなビルの屋上に立ち、静かに町を見下ろしていた。「総員、戦闘態勢。ここからは一瞬も気を抜くな。敵は地球最強の男なんだからな」『マリーベルは死んだとパパに伝えて』「バカな……嘘だろ」それは突然の出来事だった。ある日、着の身着のまま、見知らぬ異世界に放りこまれる。一生のうちにたった一度でも、そんな体験をした人間はおそらくごく僅かだろう。そして、結果訪れた世界では、人型をした怪物(モンスター)が我が物顔で山野を跳梁し、中世のような城壁都市では魔法使いが手もふれずに病を癒す、となれば、心身ともに衝撃を感じるのはあたりまえだ。正直、それは中学生が作文に描く安易な物語的世界のようで、語る自分でさえ気恥ずかしさを覚える。僕、草薙悠也はそれまで、れっきとした理系の学生であるだけでなく、自他共に認める重度のサイエンスフリークだった。だからもし他人からそんな話を聞かされたら、大笑いしつつ内心でそいつを愚かな妄想家と軽蔑したに違いない。けれどそんな異常現象がいざわが身に降りかかってみると、これは一種異様なインパクトがある。そして、僕はそういった、常識から外れた出来事には激しく動揺するタイプだった。なまじ科学を信奉しているぶん、とにかく理屈ぬきにダメなのだ。弱いのだ。だから、こうしていまになってみれば理解できる。翠や子供たちの存在に、あの頃の僕は間違いなく救われていたのだと。予告もなしに、この世界へと落ちてきたその日から、僕は翠と二人、幼い子供たちをかかえ、ただひたすらに必死だった。「あり得ない……けど、認めるしかない、か」わたし、片瀬翠は本来ならば、この春ようやく教養課程を終えたばかりの、平凡な一女子大生にすぎない筈だった。あたりまえのように、ちょっとだけ格好いい先輩に恋をして……そして振られて。しかし、運命のいたずらの結果、わたしはなんの因果か、他の五人と一緒に、この異世界に――この世界の表現でいうならば、落下(フォール)して――きてしまった。それから、短い期間に幾つかの出来事があって、話し合いをくり返して。わたしと悠也は、共同で、子供たちの面倒をみようと決めた。哀れで惨めな失恋をしたばかりのわたしにとって、その後すぐにこの子たちと異世界に落とされたのが、幸運だったのか不運だったのかはまだよくわからない。けれど、この突拍子もない現実に、やわな失恋気分などどこかへ吹き飛んでしまった事だけは確かだ。怪物に殺されかけ、空腹と寒さで震えている最中に、色恋沙汰など頭の片隅にも浮かばなかった。自分でも浅ましいと思うけれど、そういう時に、死にたくないとか、お腹すいたなどとしか浮かばない、典型的な俗物なのだわたしは。他に考えられることといえば数学……自分の好きな理系の知識による、我が身に起こった現象についての空想じみた推測くらいだ。だからこの子たちを抱えて、私たちがこれから先、この世界でうまくやっていけるかどうかは無論、わからない。さらに、運命がこれ以上わたしをもてあそぼうというのなら、わたしは、ええいいわよ、煮るなり焼くなりもうどうとでも好きにしなさいよ、とでも言い放ちたい気分だった。そんなふうに、ぼくとわたしと、子供たちは出会い…………異世界での、『生活』がはじまった。

Continue Reading

【全年齢】グリザイア ファントムトリガーVol.7

□■ご注意ください■□本商品を利用するためには、「DMM GAME PLAYER」が必要です。DMM GAME PLAYERとは※「DMM GAME PLAYER」のダウンロード・インストールは無料で行えます。━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…いつもと変わらぬ日常の風景――。その内側で、少女たちは静かに牙を研ぎ続ける。それはハルトでさえも例外ではない。彼も刀を手にし「来たるべき時」に備えていた。遠く、声が聞こえる――呼び声が響いている。CIRSおよびSORD全部隊が招集される前代未聞の大規模作戦。迎え撃つのは、エニシとクロエが待つ宗教組織TFA(ザ・フェイタル・アンサー)。有坂秋桜里は迷っていた。年端もいかぬ子供たちを戦場に送るべきか、否か。教え子たちの運命は、彼女の判断に委ねられたのだ。組織の一員として、一人の人間として苦悩する有坂──。「有坂先生は、誰かを殺してでも守りたい物って、ありますか?」「この小さな手帳が、おそらく私の遺品になるだろう」「この経験がいずれ誰かの命を救うのだ!」「敵対勢力の中に‘‘子供’’が居たら、貴女は撃てますか?」「後悔しないで下さいね?」「何もしない後悔よりはマシです!」それぞれの思惑が火花を散らす戦場で、有坂の目に映った光景とは──。「地獄なんて何度も見てきたつもりだったけど、私の見てきた地獄なんて地獄じゃなかったんだなって、今はそう思っている」※本作は「日本語、英語」に対応しております。

Continue Reading

LOOPERS【全年齢向け】

タイラはジオハンティング(GPS宝探し)に熱中する学生。夏休みのある日友人らと宝探しに興じていると、不可解な体験に巻き込まれる。交錯する現実と幻。狂気に陥る思考。明日が今日になる。彼らは『時の渦』に呑み込まれ、今日という一日を無限にループする運命に囚われてしまう。そこで出会うのは、同じ く‘‘ルーパー’’である少年少女たち。リーダーのサイモン、そして謎めいた雰囲気の少女ミア。共に力を合わせ、永遠に続く牢獄から抜け出そうとするが――。

Continue Reading

シロナガス島への帰還

絶海の孤島『シロナガス島』を舞台としたオーソドックスクリック型ミステリーアドベンチャー。STORY大富豪の遺書の中に残された『シロナガス島』への招待状。ニューヨークで探偵業を営む男『池田戦』は、特殊な能力を持つ少女『出雲崎ねね子』と共に島へと向かう。そこで起きる数々の奇怪な殺害事件。果たしてシロナガス島に隠された真実とは……?すべての謎を解き、呪われた島から脱出せよ!※特典として、りんご犬氏による『シロナガス島への帰還』紹介漫画を同梱。・大型アップデートとセーブデータ配布について2020年9月30日に大型アップデートを行いました。大型アップデートに伴い、前バージョンのセーブデータは使用出来なくなります。前バージョンをプレイ途中のユーザー向け救済策として各種セーブデータを配布します。(ゲームプレイ前のユーザーはこのデータは必要ありません)お手元のパソコンのC:/Users/ユーザー名/AppData/Roaming/のフォルダ内に以下のURLhttps://bit.ly/3hjB5V7からダウンロードした【return to shironagasu island ver2】のフォルダをそのまま入れてください。これでセーブデータが反映されます。AppDataは隠しフォルダになっていますのでご注意ください。大型アップデートの主な変更点は以下の通りです。・解像度二倍(1600px×1200px)・ウインドウサイズを自由に変更可能・セーブスロット六個追加・バックログを見やすく改良・プレイにストレスがないように細かな点を修正・バグ修正Fキーでスキップ。(文字速度をノンウエイトで高速スキップ)━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…□■ご注意ください■□本商品を利用するためには、「DMM GAME PLAYER」が必要です。DMM GAME PLAYERとは※「DMM GAME PLAYER」のダウンロード・インストールは無料で行えます。

Continue Reading

Angel Beats! −1st beat−【全年齢向け】

舞台は死後の世界。運命に立ち向かう少年少女達の物語。何らかの理由で最期を遂げた少年・音無は死後の世界の学校で、ゆりと名乗る少女と出会う。彼女は理不尽な人生を強いた神に反逆する「死んだ世界戦線」のリーダーで、日夜激戦を繰り広げていた。彼女たちに立ちはだかるのは、神の使い「天使」と呼ばれる1人の可憐な少女だった。生前の記憶が無く、この死後の世界で何が起きているのかもわからず戸惑う音無。彼はゆりたちと共に戦う道を選ぶことにしたのだが…。

Continue Reading

Summer Pockets REFLECTION BLUE【全年齢向け】【萌えゲーアワード2020 主題歌賞 受賞】

主人公である鷹原羽依里(たかはら はいり)は、亡くなった祖母の遺品整理のために夏休みを利用して1人で鳥白島にやってきた。1日数本しかない連絡船を下りたとき、1人の少女と出会う。彼女は潮風に髪を遊ばせながら、遠くを…海とも空とも言えない境界線をただ眺めていた。気がつけば少女はどこかへ行ってしまい、羽依里は狐に摘まれた気分になりながら、祖母宅へ向かう。そこではすでに親戚の叔母がいて、遺品整理を行っていた。羽依里は、祖母の思い出の品の片付けを手伝いながら、初めて触れる「島の生活」に戸惑いつつも、順応していく。都会暮らしでは知ることの無かった自然とのふれ合い。忘れていた懐かしい何かを、思い出させてくれるような、そんな生活だった。海を見つめる少女と出会った。不思議な蝶を探す少女と出会った。思い出と海賊船を探す少女と出会った。静かな灯台で暮らす少女と出会った。島で新しい仲間が出来た――この夏休みが終わらなければいいのにと、そう思った。

Continue Reading